レベッカ

| コメント(0) | トラックバック(0)
レベッカ
ここで問題になっていることは、関節痛は、明らかにサーバリックスの副反応であることの明らかな証拠がある。GSKも関節痛が副反応の一つであることを指示すべきである、ということである。
レベッカは軽い喘息があったが、トーナメントテニス選手であり、どんなスポーツにも関心を持ち、また進んでワクチンを受ける少女だった。2回の接種を受けたとき、ひどい関節痛がおこった。不幸にして3回目の注射をしてしまい、最悪の結果に陥ってしまった。3回目の接種の時、松葉杖をついて学校にきていたのを目撃されている。
ひどい関節痛と、消耗がおこり、殆ど歩けず、車いすを使っている。
レベッカの2010年3月28日の現況は、殆ど病院で過ごしている。彼女もまた慢性疲労候群および筋痛性脳脊髄炎と診断されている。最近視力障害が起こしている。
保健大臣は「これは不幸な出来事だが、純粋に偶然におこったものだ」。これと反対意見のジャワド医師は、レベッカにと母親に会ったとき、どうして3回目をうってしまったのか」と問うた。彼女の状態を遙かに悪くしている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://satouclk.jp/mt-tb.cgi/129

コメントする

サーバリックス犠牲者の記録