院長の意見

2つのShimatsu(島津)論文をファイル化しました。 

私の住んでいる宮城県大崎市古川には、あまり放射性セシウムは降下しませんでした。助かっております。しかし、一部の用水路の泥から8000ベクレルを超える放射線が検出されます。

となり町の加美町に、放射性廃棄物最終処分場建設の話が持ち上がっています。診療所からの20Km離れた山間の谷が候補に上がっているのですが、古川を取り囲む3本の川、全てが、その谷とつながっています。今後、影響がでないとはいえません。

放射性廃棄物は全て東京電力の所有物です。それ以外に考えられますか?自分たちの不始末を自分たちで始末しないで、なぜ私達に押しつけるのでしょうか。

私は福島原発の爆発と今後の処理に大いに関心を持っています。安倍晋三氏の「under control」発言は到底納得行きません。

現状を「見て」、そして「考える」、というのが理性のある人間の根本的態度と思います。このような態度を根本的に欠いているとき、そこから何を生み出すことができるのでしょうか。

Shimatsu氏の論文は、福島原発の爆発について論じたものですが、単に「爆発した」という問題を扱ったのではなく、日本の歴史的背景、アメリカとの関係から説き起こしたものです。極めて異色で、ショッキングです。

この論文が英語圏でよく読まれているということに留意すべきです。日本は平和憲法を掲げて、非核三原則などといっているがうそでないか、ということになります。

早期のうちに中国のメディアでも取り上げられています。
当然でしょう。福島原発の爆発は世界中の感心であり、地球全体の問題なのです。
真偽の検討はあとにしても、まず読んでみなければならないものです。

この論文に書かれた出来事は、日本、アメリカに多くの情報網を持っていなくては知りえない事ばかりで、驚くばかりです。ここに書かれている出来事は、一つ一つはインターネットで確かめることができるもの:事実とおもいます。それらを日本の核武装計画という視点から纏めると、私らの想像とは全く違った日本が見えてきます。

日本の核武装計画の中で、安倍晋太郎、安倍晋三親子の果たした役割を知らされて驚きます。とくに、彼らとオウム真理教との関連は、今までだれも指摘してこなかったものです。 翻訳すると、ちょっとした一語にも書き手の気持ちが込められているのがわかります。私は2つの論文を何度か読み、翻訳を点検してみて、Shimatsu氏の「怒り」を感じました。 2011年10月2日の論文の終わりの方です。

「安倍首相と経産省は、憲法に反して兵器級核物質を供給し、危険性を無視して、向こう見ずで無秩序な保管、濃縮、抽出をおこなった。最初に安倍が、ウランとプルトニウムの濃縮を求めなかったならば、他の勢力が巻き込まれることはなかったであろう。

このようにして、日本が犯罪への重荷を生み出したのだ。 国際刑事裁判所は、日本、カナダ、アメリカ合衆国、ロシア、南北朝鮮、モンゴル、中国、おそらく北半球全域の、何百万人もの人々の健康に関する訴訟をとり上げるのに十分な根拠を持っている。福島の災害は、卑劣な独裁者に対する人権侵害の告訴以上に、ニュールンベルクや東京裁判所の告訴に匹敵するほどの、人道に反する罪だ。起訴しないことは共犯である。」

2011年4月6日と2011年10月2日の2つの論文を、今後の議論に耐えるように、正確性に留意して翻訳し、pdfファイル化しました。是非、ダウンロードしてお読みください。

2011年4月6日の論文

日本のエリートは、原発の中に核兵器計画を隠しているのか?

2011年10月2日の論文

秘密裏のアメリカ-イスラエルの核の移送が福島の爆発に導いた


(2016年4月14日追記)

2016年4月14日の桜井ジャーナルの記事にさらにすごいことが書かれています。

"日本のような地震国に原発を作る狂気を生み出している理由はふたつある。カネと核兵器だ。"

"その年の9月2日(8月15日でない)に..." 以下もすごいです。

"「非核三原則など」日本の支配層は守っていない。"


TPPは政府機能の乗っ取り ー 絶対反対です

子宮頸がん(予防)ワクチンの発がん抑止効果は証明できない、ワクチンは何万人か接種すれば必ず死者がでる(健康な10代の少女です!)ということに気づき、このワクチンによる犠牲者を一人でも出さないようにと思い、このブログを立ち上げました。

昨年は大震災、大津波、4基もの原発の事故と、まさに未曾有の大災害が続き、このブログでもそれらに触れたため、混乱の状況を呈してきたことを気にしております。
それでも、もう一つの問題について意見を表明しておきたいと思います。

TPPの本当の狙いについてです。

TPPは日本政府の機能を奪うことを目的にしています

私は1)、2)、3)の本を順に読んで気がつきました。

1)伊藤  貫 著:「自滅するアメリカ帝国」日本よ、独立せよ、文春新書

2)植草一秀 著:「消費増税亡国論 」三つの政治ペテンを糺す、飛鳥新社

3)カレル・ヴァン・ウォルフレン著:「日本を追い込む5つの罠」角川oneテーマ21

4)ニコラス・シャクソン 著:「タックスヘイブンの闇」朝日新聞出版

5)森永卓郎 著:「庶民は知らないデフレの真実」角川SSC新書

植草氏の著書で、小沢ー鳩山ラインと、菅以降の政権では、消費税、アメリカに対する考え方が180度違う事を知りました。
管氏はアメリカ訪問、アーリントン墓地に献花して、TPP参加を言い出します。
野田氏はアメリカに呼ばれ、念を押されたようです。


またこの著書で、野田氏の変節、小沢裁判の本質を知りました。

植草氏は、日本政府の財務分析を示しております。いますぐ消費税率を上げる必要のないことが理解できました。

「タックスヘイブンの闇」は是非読むべき本です。多国籍企業、銀行、大金持ちがタックスヘイブンを利用し、税金を払わない実態がわかります。結局、庶民に課税、すなわち消費税です。


森永氏の著書は、日本政府さえも、金持ちに甘く、庶民に厳しい税制をとっている実態を示しています。
このように、野田政権のすすめようとしている消費税増税、TPP参加は全く必要の無いものなのです。

小沢裁判は一日も早く、止めるべきです。再審申請すべきでありません。
どのような人たちが小沢裁判を引き伸ばしたがっているか、わかるようなものです。

ガーダシルの副反応による死者が、世界で100人を越えているという現実がわかり、私としては、アメリカのサイトの資料をまとめる方を先にやらねばなりません。
TPP問題には時間を割けませんが、TPPは問題は、日本人の独立と自由について極めて重要な問題であり、また厳しい局面に立っていると考え、意見表明をいたします。

わたしは、スペイン人によるインカ帝国の略奪と破壊、および、イギリス人を中心とした北米入植民による北米インディアン絶滅の歴史に関心をもって書を読んでまいりました。そして、被征服民の味わされた数多くの悲劇、苦衷を知りました。それらは現在も続いています。


防衛武力の無い国家がどういうことになるかは、終戦のドサクサに乗じてソ連が日本を攻撃してきたときのことを見ればわかります。満州からの引き上げ者たちの味わされた悲劇、武装解除された元日本兵のソ連への抑留と強制労働、さらに日本の領土だったサハリンほか北方4島を奪われたことを思い起こしてください。

ソ連だけを特別恨んでいるわけではありません。
アメリカはイラクに戦争をしかけ、捕虜にどんなことをしたでしょうか。
中国はチベットにどんなことをしたでしょうか。
フランス、ギリシャ、ドイツの極右政党の党首は、移民に対してして何といっているでしょうか。
イギリス人のアイルランド人に対する態度は「麦の穂を揺らす風」という映画DVDによく表されています。

1945年8月の終戦時、日本国民、日本の国土を守れなかったということで、誰か責任をとったでしょうか。
日本人も敗戦のショックで、責任を追求しようとしませんでした。

政府の役割は、国民の生命、財産、国土を守ることです。
わたしたちが気兼ねなく住める国土、生活の基盤である経済、歴史とアイデンティティーである文化を何としても保持していかなければらないと考えます。

本吉、気仙沼、陸前高田の被害を見てまいりました。

6月5日、午前11時頃古川を出発して、本吉にむかいました。
偶然本吉病院の前に出ました。病院は2メートルくらい水没したようです。海岸線から2km、病院の前は高台となっていて、全く海の見えない場所に立地しております。写真は病院の玄関の裏手(西側)の津波被害の様子です。左手に津谷川があり、津波は堤防を越えて入ってきたと思います。
大川小学校の場合もそうですが、津波は激しい勢いで川を遡上し、堤防を決壊させおおきな被害をもたらしました。



気仙沼に入りましたが、曙橋を渡り、内の脇あたりに出ました。地盤沈下が目立ち、住めないな、という印象をもちました。


魚市場近辺を見て魚浜町に出て、5号線に乗って陸前高田をめざしました。ナビを使っていたのですが道がわからなくなりました。魚浜町で、5号線に大きな漁船が道に乗り上げ、道は壊滅状態で通れないためでした。浜町を通る迂回路に気がつくまで、同じところをぐるぐる回ってしまいました。


45号線を通って陸前高田市に入りました。気仙大橋のほとりに出ましたが、橋が流されてありません。ひとつ上流の姉歯橋も流されていました。気仙川右岸の、対面通行できない狭い道を走りぬけ(スラローム走行とか)、越戸内(おっとない)踏切で今泉街道に出ました。ちょうどここで大船渡線の線路がなくなっていました。ここよりさらに上流まで津波が押し寄せて来ていたわけです。

340号線を海に向かって、海岸線より2Kmの大船渡線の跨線橋より陸前高田市が一望できますが、公立高田病院、ホテルなどコンクリート造りの大きな建物以外はすべて破壊され流されています。民家は全く見当たらない、すさまじい被害(破壊)です。



(帰路に、中川原跨線橋より海岸の方を望んだもの。遠くの建物は高田病院とおもいます。)



(中川原町跨線橋の様子。帰路に、上の写真を撮る為、跨線橋の中央で車道左側ギリギリに停めたときにパンクしたかもしれません。手前側に約500m下りたところでレッカー車を待っていました。松の木が見えますが、高田松原から運ばれて来たものでしょう。)

夕方5時になり、帰途につきました。、跨線橋を下ったあたりで、タイヤのパンクに気づきました。すでに、タイヤサイドが激しく痛んでおり、スペアタイヤもジャッキアップセットも積んでなかったため万事休す、でした。車の会社のサービスに頼んでレッカー車を派遣してもらいました。

車の中でレッカー車の到着を待っておりましたが、日が暮れても、あたりには家の光は全くありません。真っ暗闇でした。時折通る車のヘッドライトのみ。
レッカー車が到着したのは午後8時ごろ。出発したのが8時半。診療所についたのが11時半でした。走行距離は118Kmでした。
次、被災地に行くときは、ジャッキアップセットと冬タイヤ1本を積んでいきます。

夕暮れ、跨線橋の上より市街地を眺めていたとき、皆さん、どうしてらっしゃるのだろうと思いました。
避難所の不自由な生活に耐えてらっしゃるはずです。
一日でも早く楽な生活になることを祈っております。

下の写真は気仙沼より陸前高田に入って、気仙中学校の近くから撮ったものです。
1本松が写っています。
津波の前は松林が見えたのでしょうね。

takata_matu.JPG

コンテンツ

  • 2つのShimatsu(島津)論文をファイル化しました。 
  • TPPは政府機能の乗っ取り ー 絶対反対です
  • 本吉、気仙沼、陸前高田の被害を見てまいりました。
  • このアーカイブについて

    このページには、過去に書かれた記事のうち院長の意見カテゴリに属しているものが含まれています。

    前のカテゴリは趣味の資料です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。