新憲法の歌ーわれらの日本

本年(H29)2月12日、古川平和の集い・9条の会(代表世話人 佐藤昭一)主催の、
第11回 市民と市議会議員の新春懇談会 が開かれました。

会員の横山さんより以下のテーマで基調講演がありました。

新憲法「国民歌」佐々木登久男さん(元古川市議)を讃えて
ー軍国主義を称揚する「海ゆかば」から 新憲法「国民歌 われらの日本」へー
作曲家 信時 潔 の 「勇気ある転向」

その時の配布資料から「国民歌 われらの日本」に関する部分をアップロードいたします。2番め以降の画像です。

順番が混乱いたしますが、最上段の画像は2016年11月の朝日新聞、宮城県内版です。
この資料が「われらの日本」の発掘の経過がよくわかる資料です。最近配布された会報にありました。

最下段の憲法普及会会長 芦田 均氏の「新しい憲法 明るい生活」の言葉も新鮮です。

画像の配置が思ったようになりません。画像の上にカーソルを置いて右クリックすると原画像の大きさに拡大されます。一つを除き、75dpiでスキャンしております。

故佐々木登久男.jpg


信時.jpg
憲法の歌.jpg


九条は.jpg


信時潔150.jpg
新年会.jpg
新憲法.jpg



あわせてお読みください。

この記事について

このページは、さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市が2017年5月26日 09:50に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「新型インフルエンザ(トリインフルエンザ)等対策特別措置法」です。

次の記事は「なぜ日本政府は国民に敵対的なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。