宮城県広域予防接種事業研修会

12月5日、仙台国際センターを会場にして平成27年度宮城県広域化予防接種事業研修会が開かれた。案内には予防接種を行う医療機関は"受講が必須"と書かれているが、欠席しても接種事 業からの除外などは行われないようだ。当医院では、予防接種は平成23年秋より一切行っていないので出席の義務はないのだが、どのようなことが話される のか聞いておこうと考え出席した。

受付で名前を書き資料を受け取るのだが、ワクチンメーカーの人が受付をやっており、資料には会の案内のほかメーカーのワクチンの資料(水痘、4種混合)ト、メーカーの作った「日本の定期/任意予防接種スケジュール(平成27年5月18日以降)」というのが入っていた。ざっと見て400人くらいの出席者が あったように思えた。

毎回"予防接種の専門家"の講演が設けられているが、今回は新潟大学 小児科分野教授 斉藤明彦先生の「予防接種の最新情報2015」というテーマであった。

麻疹の日本からの根絶宣言からの話から始まった。水痘、Hib,小児肺炎球菌ワクチン、ロタのワクチンの効果の現況が話された。子宮頸がんワクチンの積極 的勧奨の中止の話があったが、副反応症状としては痛み(CRPS)と不随意運動のみに触れただけだった。これらの症状はワクチンによって起こったというの ではなく、注射の痛みによる「転換障害 conversion disorder」という見解であった。また、CSISの「HPV vaccination in Japan」の紹介があった。「日本から誤った副反応情報が世界中に広まって困る」というような意図を以て語っておられたように思えた。また、米国で日本の被害者の不随意運動〜ケイレンのビデオが紹介されたが、それも誤りだというような評価を述べられた。

全体としてはワクチンは有効という話ばかりで、副反応については、ロタワクチンによるイレウス(腸閉塞)についてだけだった。副反応について検討するという部分は、"全くなかった"と言っていいと思う。

講演の終わりに質疑応答の時間が設けられたので、早速挙手した。

私:私の名前はCSISの文書の1ページ目に出てくる。子宮頸がんワクチチンの副反応については痛みと不随意運動に触れられたが、もっと問題になっている ことは通学進学ができなくなっていることである。質問であるが、11月27日の予防接種副反応検討部会の資料をご覧になっておられるか。

答え:米国出張中だったため見ていない。

私:水痘ワクチンで2名の死亡が報告されている。麻疹、おたふくかぜワクチンでは死者はないが、水痘、おたふくかぜワクチンでは脳炎、髄膜炎の副反応で、 ワクチン株ウイルスが検出されている。23価肺炎球菌ワクチンで9名、インフルエンザワクチンで15名の死亡がある。23価肺炎球菌ワクチンで肺炎が起 こっている。

答え:死亡については乳児突然死症候群、高齢というような、ワクチン以外の要件が働いている。

座長から、斉藤先生は18時の新幹線で帰るので質問を短くとか言われていたので、粘って議論することは避け止めた。質問は私だけだった。

(メモが見当たらず記憶で書いておりますので、後日訂正する可能性があります。23価肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチンの副反応報告は"すさまじい"です。これも後日検討して紹介いたします。資料は以下より得られます。) http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000105632.html

あわせてお読みください。

この記事について

このページは、さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市が2015年12月 7日 19:37に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「さとう内科循環器科医院の診療案内です。」です。

次の記事は「23価肺炎球菌ワクチンの副反応報告の分析」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。