さとう内科循環器科医院の診療案内です。

さとう内科循環器科医院の案内、およびブログを見ていただき、ありがとうございます。

当院、すなわち院長の特徴は、高血圧症、心臓病、糖尿病、呼吸器、消化器など、広く内科全般を診療サービスできることです。

循環器科の特徴は、薬を理論的によく考えて使わなければならないことです。その考え方は、他科の診療にも及びます。院長は大学にいた頃、薬理学に関心をもち、よく薬理学教室に出入りしておりました。薬について詳しく、考えて処方しております。

内科として、アレルギー疾患、花粉症、じんま疹、急性〜慢性湿疹も診療いたしております。

使える範囲で、漢方薬を治療薬に処方しております。
もうひとつ、やけどの湿潤療法も指導致しております。

最高血圧は160~180mmHgあたりまで心配ないと考えております。マイルドな降圧の方針です。
強力な降圧剤はストレスを生じさせます。
<必ずしも延命効果はございません>
ただ、腎臓などの臓器障害のある方とない方では、高血圧の意味、薬の効き具合は大分違います。

循環器科は、心不全、狭心症、不整脈が対象となります。
当院でできる検査は、超音波心断層図検査(心臓エコー)、心電図、24時間心電図(ホルター心電図)検査、24時間血圧モニター検査です。

糖尿病(元気なひとに"病"をつけるのはおかしいと考えているのですが)は、糖質制限食を中心とした指導をおこなっています。

インスリンの自己注射の管理、指導を行っております。
2種のインスリンを4回も注射する強化療法は、現実的でないと考えております。食事療法と組み合わせ、なるべく持効型インスリンの1日1回の注射に持って行くことを目指しております。無理なコントロールはしない方針です。
(高齢のかたは、Hb-A1cの管理目標として、7.4%あたりがもっともトラブルが少ないという論文があります。)

消化器科は、腹痛、胃潰瘍、胆石症、腸閉塞(診断のみ)など広く診療しております。
当院でできる検査は、腹部超音波断層図検査(腹部エコー)、上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)です。

呼吸器疾患は、気管支喘息が中心ですが、しつこい咳、激しい咳、慢性呼吸不全の診療もしております。

小児科は特に標榜しておりませんが、最近まで、休日当番で小児を診ておりました。

医師は、クライエント(患者)の利益(健康を含む)を守るのが本分と考えております。

                 予約制はとっておりませんので、来院次第に診察しております。

      <メールでの一般の健康相談は行いません。返事をいたしません。>

<ワクチンの問題だけ下のメールフォームをお使いく下さい。電話の方が当方には都合がいいです。


あわせてお読みください。

この記事について

このページは、さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市が2015年10月15日 10:38に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「2つのShimatsu(島津)論文をファイル化しました。 」です。

次の記事は「宮城県広域予防接種事業研修会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。