「いかなるワクチンも(脳)神経学的障害を起こす」Every single vaccine causes neurological damage.

YouTube のワクチンに関する番組を見て(聴いて)いて、

Every single vaccine causes neurological damage.

というフレーズが印象に残った。

このフレーズは、ワクチン接種しないで小児科診療を実践している、メイヤー・アイゼンスティン医師へのインタビューの、アレックス・ジョーンズの番組の、2/6 の冒頭に出てくる。(アメリカの自閉症の増加の程度は 3/6 でわかる)

ワクチンには何が入っているの?(1/6)
ワクチンには何が入っているの?(2/6)
ワクチンには何が入っているの?(3/6)
ワクチンには何が入っているの?(4/6)

そのフレーズは 師であるメンデルソン医師 Dr. Mendelsohn の1970年代の言葉と言っていた。

 Mendelsohn医師をしらべると、草思社刊、弓場 隆訳:「医師が患者をだますとき」の著者の Robert S. Mendelsohn 医師とわかった。
著書の原題は 「Confessions of a Medical Heretic(ある異端医師の告白)」。
262頁に「私の教え子のメイヤー・アイゼンスティン医師」とある。

メンデルソン医師は在野で活躍した小児科の医師であるが、イリノイ州立大学医学部(小児科)の准教授の肩書きをもつ。在宅分娩を薦めた。
現代医学を「宗教」であるとし、誤った思い込みを批判した。
彼の思想をよく表している箇所を紹介する。

185頁:現代医学はまさに偶像崇拝の宗教である。現代医学が聖なるものとしてあがめるものは、患者の生命ではなく、機器に依存した医療行為そのものだからだ。

244頁:だが、現代医学が究極の目標にしているのは、すべての人々を現代医学教に監禁することである。医者はあらゆる機会を利用して、患者に無意味な治療を強制的に受けさせようと試みる。新しい医療処置が次々に合法化されていくのは、医者が国民一人一人に対してさらに強い力を行使したいからである。

248頁:まずなすべきことは、自宅で子供を産み、母乳で育て、子供に予防接種を受けさせず、職場や学校の健康診断を拒否することである。そして、なぜ手術を勧めるのかを医者に問いただし、薬を使わずに自分や自分の子供を治療してほしいとはっきり意思表示することだ。

230頁以降のワクチン接種に関するところを紹介する。
(草思社より許可が取れたら、読みやすいようにPDF化する予定。)
235頁の乳がん検診のところも興味深いので前半を紹介する。


予防接種に警戒せよ

 医学界と国が手を携えて推進する「予防措置」の大半は、危険であることと無意味であることの二点において、数ある現代医学教の儀式のなかでも比類のないものである。伝染病のワクチン接種、いわゆる予防接種がその典型で、接種を受けた方が危険だということがあるのだ。
 ジフテリアはかつては恐ろしい病気だった。命を落とす者さえいたが、いまでは殆ど発生していない。それにもかかわらず、予防接種はいまだに続けられている。まれに、大流行することもあるが、予防接種の効果を考えると疑問が残る。
 以前、シカゴで大流行して16人の犠牲者が出たことがあった。シカゴ公衆衛生局によると、このときのケースでは、16人のうち4人がジフテリアの予防接種を受けており、その4人には完全な免疫ができていたという。また、このほかに5人の人間が数回にわたって予防接種を受けていて、検査の結果では、5人のうち2人には免疫ができていたことが確認されている。
 3人の死者を出した別のケースでは,死亡した人のうちの1人、また23人の保菌者のうちの14人に免疫が備わっていたことが報告されている。
 百日咳ワクチンの是非については、世界中で激しい議論が起きている。接種を受けた子供たちの半数にしか有効性が認められていないにもかかわらず、高熱、けいれん、ひきつけ、脳症(高熱のために起こる意識障害)などの副作用を起こす確率は無視できないほど高い。各地区の公衆衛生局は、6歳以上の子供に百日咳ワクチンの接種を禁止しているが、百日咳も今日ではほとんど見られなくなった伝染病である。
 おたふくかぜワクチン(ムンプスワクチン)にも疑問が残る。このワクチンを接種すれば、確かに流行性耳下腺炎の発症率を抑えることが出来るが、免疫が消えてしまえば元の木阿弥である。流行性耳下腺炎や麻疹、風疹には1970年代後半にそれぞれワクチンが開発されたが、こうした病気では、天然痘や破傷風、ジフテリアのような重い症状は現れない。
 麻疹にかかると失明すると信じられているが、実際にはそんなことは起こらない。「羞明」という症状は単に光に対する感受性が強いだけのことだから、窓にブラインドをするという昔ながらの処置が効果的だ。
 麻疹ワクチンは、麻疹脳炎という発症率1000分の1と言われる伝染病を予防するためのもので、麻疹を何十年も治療した経験のある医者なら、この伝染病は普通の子供で1万分の1か10万分の1くらいの発症率でしかないことくらいは知っているはずだ。
 しかし、ワクチンには、100万分の1の確率で脳症、さらにそれより高い確率で、運動失調症(手足の筋肉の異常)、知的障害、精神薄弱、精神遅滞、注意欠陥、多動性障害(ADHD)、情緒不安定、無菌性髄膜炎、てんかん、ひきつけ、半身不随のような致命症となりかねない神経性障害などの副作用を引き起こすことがあるのだ。
 風疹ワクチンも依然として議論の対象である。接種年齢が専門家の間でも一致していないのだ。また、このワクチンには一時的とはいえ、数ヶ月にわたる関節炎を引き起こす危険がある。
 アメリカでは、子供に接種されることの多い風疹ワクチンだが、風疹と診断された妊婦の場合、接種を受けると肢体不自由児が生まれるおそれがある。その確率は年次と研究によってばらつきがあるものの、胎児の保護という点を考えると、その有効性についてはさらに議論を重ねる必要がある。

集団接種はひとつのバクチ

 ところで、伝染病は予防接種したから免れるというものではない。栄養状態、家庭環境、衛生状態も大きな要因としてかかわっているからだ。百日咳ワクチンが本当に百日咳の発症を抑えたかどうかは、いまもって謎のままである。もし、現時点このワクチンが導入されるということになれば、食品医薬品局の基準に合格するかどうかは疑問だ。
 時にはワクチンが原因で伝染病になってしまうことがある。1977年9月、ソークワクチン(ホルマリン不活化ポリオワクチン)の開発者であるジョナス・ソーク博士は議会で次のように指摘している。「1970年代初めにアメリカで発生したポリオ(流行性脊髄麻痺、小児麻痺)のほとんどは、この国で使用されている生ポリオワクチンの副作用である可能性が高い」
 アメリカでは生ワクチンが使われたが、フィンランドとスェーデンのように死菌ワクチンを接種している国では、ポリオの発症は全く報告されていないのである。
 ポリオ撲滅の功労者と言われるソーク博士自身が、いまだに犠牲者を出しているポリオの原因がそのワクチンにあると認めているのだ。ポリオワクチンの意義について、改めて考え直す時期に来ているのではないだろうか。
 現代医学のドタバタ劇は、毎年恒例のインフルエンザの予防接種に極まる。この予防接種について考えるとき、私はある結婚式のことを決まって思い出す。その結婚式の式場には、新郎新婦の祖父母とおぼしき人や60歳を超える年配の人が一人も見当たらなかった。不思議に思って近くにいた人にたずねると、その年齢の人たちは、2、3日前に受けたインフルエンザの予防接種で体調を崩し、「ただいま全員が自宅で療養しています」とのことだった。
 インフルエンザ集団接種とは、ワクチン株とその年の流行株が一致するかどうかを賭ける壮大なルーレットのようなものである。予防接種でいくら免疫ができいても、ワクチンと同じ株のインフルエンザが流行するとは誰にも予測がつかない。
 1976年のブタ・インフルエンザ(豚のインフルエンザウイルスによるきわめて伝染性の強いインフルエンザ)の大流行は、予防接種の本当の怖さをのぞかせたものだった。政府とマスコミが徹底的に追跡調査をした結果、ワクチンが原因で、ギラン・バレー症候群(両足の麻痺や疼痛、知覚異常、呼吸困難などを引き起こす急性多発性神経炎)が565件も発生して、予防接種を受けてから数時間以内に30人の高齢者が「説明不可能な死」を遂げていたことが判明した。
 インフルエンザの集団接種のキャンペーンに、世間がいつも鋭い監視の目を光らせていたら、この種の悲劇はいくらでも指摘することができたのではないだろうか。
 国立アレルギー・感染症研究所のジョン・シール博士はこう述べる。
「すべてのインフルエンザワクチンにギラン・バレー症候群を引き起こす危険性があると想定しなければならない」

乳がんの集団検診の危険

 乱診乱療の犠牲者は子供と高齢者だけにとどまらない。女性はここでも餌食にされている。その典型的が乳がんの集団検診である。この検診がどんな役にたつのか、それを示す根拠など実はどこにもありはしないのだ。しかし、医学界が乳がんの予防措置を盛んにアピールして世間に知らしめた結果、『不思議の国のアリス』さながらの珍事が現実に起きている。
 「乳がんや卵巣がんなどの女性特有のがんは家系によっては多発するおそれがある。そこで、予防措置として、乳房をあらかじめ切除しておくか、卵巣を摘出しておく必要がある」
 こんなスローガンをいったいどう受け止めたらいいのだろう。この手の予防措置としての手術のもうひとつの例が、成人女性を対象にして行われている膣の摘出手術である。この手術は、1970年代にがん予防を理由に始まった。狙われているのは、妊娠中にDES処置を受けた女性を母親のもつ、まだがんになどなっていない女性たちである。
 女性は医者と話すときには気を許してはならない。女性の命を守ることを口実に、医者は何を切り取るかわかったものではないからだ。もちろん、男性はこんな口実におびえる必要はないだろう。男性の命を守るために「男根切除術」を行おうとは、さすがの医者も考えてはいまい。
 
Mendelsohn.jpg confession2.jpg

あわせてお読みください。

この記事について

このページは、さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市が2012年12月15日 15:30に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「高病原性HPVを赤ちゃんの時から持っていることを示す論文」です。

次の記事は「男子にもHPVワクチン ー 宮城県広域予防接種事業研修会での発言」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。